販促品に名入れは常識

販促品は主に企業などが制作するノベルティグッズですが多くの企業は文房具など実用性の高いアイテムを選んでいます。販促品を制作する時には名入れの有無で考えている人たちもいますが、基本的には販促品に名入れは必要だと言われています。

ロゴマークでは具体的に名入れの必要性について話しますが、そもそも名入れは販促品に会社やお店の名前を入れて配布する方法です。例えば名入れをせずにボールペンなどの文房具を配布すると誰からの贈り物なのか全くわかりません。その為宣伝効果を得るのは難しいと言われています。しかし、名入れをすれば名前などが入っているため、誰からの販促品なのかすぐにわかります。配布されて名入れがされている部分を見てもらうことができれば企業やお店の認知度は上がります。それによって集客や売り上げアップにつながる可能性もあるので名入れはするのが基本です。どれだけ実用性があっても宣伝効果などがないと意味がないので名入れは販促品にとって欠かすことができません。

また、名入れは企業の名前以外にもロゴマークなどを入れたりすることも可能なのでビジュアルで記憶に残したいと思っている方はロゴマークの名入れなども検討するといいです。

このように販促品には名入れが重要と言うことを理解してくれた方もいるかと思いますが、名入れをすると決めたら次に大切なのが何を販促品として選ぶかです。色々アイテムはありますが、その中でも文房具は人気なので文房具が選ばれる理由や文房具の選び方について紹介します。


・・・名入れに文房具が選ばれる理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket